学校法人電子学園

日本電子専門学校

小暮 幸雄 様 (入学相談室)

 

 

I

1.今年度の受賞に当たっての感想をお聞かせください。

 

①受賞をどう受け止めていただけましたか。

 4年連続で選出して頂いた事に対する喜びと感謝、そして日本語教育に携わる皆様からの期待と責任の大きさを感じています。

 

②どのような点が受賞につながったと思われますか。

 推薦理由に記載されている通り、教育や就職に関する留学生サポートや地域社会・企業・日本語教育機関との連携等の点を評価して頂いた事が受賞につながったと思っています。

 

2.受賞後についてお伺いいたします。受賞後、何か変化(影響)がありましたか。

どのような変化がありましたか。

 

 たくさんの日本語教育機関の先生方や関係者の皆さんから、お祝いや応援のメッセー

ジを頂戴し、卒業生達からも「嬉しい!」という声を頂きました。日本留学AWARDS

も4回目を迎え、全国の日本語教育機関はもちろんの事、日本留学や留学生を取り巻

く関係者の方々に対する認知度も徐々に大きくなっていると感じます。また学内でも

今回の受賞を機に、来年・再来年と続けられる様、気持ちも新たに留学生支援に取り

組んで行こうと再認識しました。

 

3.今後の抱負をお聞かせください。

 

 これまで通りご入学いただいた留学生一人ひとりの「夢」や「目標」を達成するために支援し続ける事はもちろんですが、これから留学を考えている海外の若者たちが「ぜひ日本に留学したい!」と感じてもらえる様、さらに努力したいと思います。

その為には、本校の使命でもある“コンピュータ・CG・ゲーム・アニメ・デザイン・電子・電気の分野で、日本で働いて幸せな生活を送る”という点について、一人でも多くの留学生が実現出来る様、学園一丸となって取り組んで行きたいと思います。

 

4.最後に、貴校の特徴、ご紹介など、また、日本語学校の教職員へのメッセージなどがございましたら、ご自由にご記載ください。

 

 本校は創立64年目を迎え、現在24ケ国・約420名の留学生が在籍しています。そして、

本校に在籍する留学生の多くは日本国内の日本語教育機関で学んだ後に入学しています。現在、日本語教育機関で学ぶ留学生の出身国・地域について数年前と比べて大きく変化しています。本校としましても「入学・教育・就職」の各セクションにおいてそういった変化にしっかりと対応できるよう努めていきたいと思います。

 

 デザイン・電子・電気の分野で、日本で働いて幸せな生活を送る”という点について、一人でも多くの留学生が実現出来る様、学園一丸となって取り組んで行きたいと思います。

 

 

 

© 2013 by Nisshinkyo. All rights reserved.

  • Facebook Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now