受賞校・ノミネート校の声(専門学校)

 

2014年8月5日に代々木のオリンピックセンターカルチャー棟小ホールにて2014年日本留学AWARDSの授賞式を行いました。

当日ご出席いただいた方からのコメントを掲載いたします。(五十音順、敬称略、は東西受賞校)

●専門学校東京国際ビジネスカレッジ東京校

増田哲也(学校長)

 

昨年に続き2年連続で日本留学アワーズ上位ノミネート校として入賞できましたことは、なによりも嬉しく大変光栄に存じます。今回の授賞式には、当校の15名の教職員も一緒に伺わせていただき、喜びを分かち合うことができました。

日々、留学生諸君と対する教職員が、一対一(One to One指導)でしっかり向き合い、優しさと愛のある厳しさでサポートしていることが皆さまからご支持いただけたものと思います。本当にありがとうございました。

グローバル人材の育成が盛んに論じられていますが、他方、外国人留学生の、日本語を選び日本に来たからこそ学べたといった、言うなれば“メイドインジャパンによるグローバル人材の育成”は、ますます大事な役割になると感じております。

これからも教職員一同、皆さまからのご期待に添えるよう、魅力ある教育プログラムの提供と同時に、留学生諸君を全力でサポートしてまいりたいと思います。

 

日本電子専門学校

寺脇 保(常務理事)

 

昨年、一昨年に続き『日本留学AWARDS 2014』専門学校部門賞に選出して頂きまして大変嬉しく思っております。一方で、日本語教育機関の皆様の期待の大きさを再認識し身の引き締まる思いで一杯です。

本校は1951年の創立以来3,000名近い留学生を輩出しておりますが、その多くの方々が日本で就職し活躍されています。本校で学ぶ留学生の多くは、そういった先輩留学生たちの実績や活躍を見聞きし本校へ入学しています。

「先輩に続け!」と入学された留学生諸君の夢や希望に応えるべく、教職員一同さらに努力を重ねて参りたいと思います。日本語教育機関の皆様におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

●専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ東京校

田中直也(留学相談室)

 

3年連続でノミネートしていただいて、大変光栄に存じます。カリキュラム、教育環境、就職、サポート・ケアへの評価に加えて、「夢をもてる」学校とのお言葉をいただけたことが私はうれしく感じました。本校を卒業し、日本で就職した留学生たちが楽しそうに頑張っている姿が心に浮かびます。彼らが夢を叶えて笑顔になれるよう、サポートを続けてまいります。これからもオンリーワンの学校として、安心しておすすめいただける学校であるよう、日々努力を重ねていく所存です。先生方にはご協力をお願いすることもあるかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

●ECC国際外語専門学校

城健治

 

いろいろな方のお話が聞けて大変勉強になりました次年度以降もこのような賞がいただけるよう気を引き締めたいと思います。

 

専門学校エール学園

萩原大作(理事/校長)

 

今年度初めて日本留学アワーズにノミネートされたことに大変感謝致しております。「留学生に勧めたい進学先」の一つとして選出されたことは、本校の誇りであり、今後の励みになるものと思っております。その選出理由も、就職率の高さ、コースの多様性、在校生管理と私どもが常日頃努力してきたことが上がっており、日本語学校の先生方に本校の日々の活動までご理解を頂いていることに感激致しました。今後とも留学生が日本で、それぞれの夢を実現できるよう教育面、生活面等々留学生に関わるすべてのことに全校を上げて支援してまいりたいと思っております。さらに日本語学校の先生方とより強固なネットワークを築き、留学生をご一緒に育てていける環境作りにも邁進してまいりますので、一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

●辻調理師専門学校

斉藤哲(渉外海外募集担当部長)

 

このたびは、日本留学AWARDS(留学生に勧めたい進学先)にご推薦くださいました皆様に深く感謝し、あらためて厚くお礼申し上げます。また、調理・製菓の専門学校では初めての受賞とお聞きし大変光栄に思います。

辻調グループは、50年以上の歴史を持ち、これまで、「食文化の創造及び飲食業界の発展に貢献できる人材を育成すること」を教育目標に掲げ、「高度な職業人の育成」を目指してまいりました。その結果、留学生も含め卒業生は13万人を超え、オーナーシェフも2,000人以上となり、日本、アジア、世界中で活躍しています。

優れた美食の文化は、素晴らしい料理やお菓子を通じて、多くの方々に喜びや幸せをもたらすものと考えています。

留学生のみなさんには、日本語学校で日本語や日本文化を学び、本校で食に関わる専門知識や技術を身につけ、母国の食文化の発展に寄与していただきたいと思います。

辻調グループは、今回の賞を励みに、これからも食文化、食産業、食教育における人的、文化的交流を重視し、日本語学校の先生方とともに優れた人材育成のため、教育の質の向上に向けた「教育改革」を進めてまいりますので、引き続きご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

 

●ホスピタリティ・ツーリズム専門学校大阪

松野弘美(広報部広報課主査)

 

このたびの入賞は大変光栄なことと嬉しく思っております。

当校の入賞理由を拝見し、今後も日本語学校教職員のご期待に副うよう、

また更なる魅力をプラス出来るよう当校一丸となって努力して

参りたいと存じます。

留学生に「進学してよかった」と思われる満足度の高い学校でありたいと

願っています。

 

 

 

 

 

© 2013 by Nisshinkyo. All rights reserved.

  • Facebook Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now